楽天銀行スーパーローンの審査・金利など

楽天銀行のスペック

楽天銀行カードローンの審査回答は当日~2営業日までには決まり、メールで連絡が来ます。営業日の間に休業日が挟まると日数がかかるので余裕を持って申し込みましょう。またメールがブロックされないようにきちんと受信できる設定にしておいてください。審査では勤務先に電話確認をすることがあります。審査の合否にかかわらず、審査内容や理由については教えてもらえません。楽天銀行カードローンは総量規制の対象ではないので、他社との併用も可能です。また他社で審査に落ちた方でも申し込めます。楽天銀行カードローンの審査に落ちた場合、6ヶ月たてば再び申し込むことができますので、どうしても融資が必要なら諦めずに再チャレンジしてみましょう。

楽天銀行カードローン:公式HPへ

楽天銀行カードローンに申し込める人と契約方法

楽天銀行カードローンの契約方法について順を追って説明します。申し込み資格は日本国内に居住する20歳から62歳までの方で毎月安定した収入のある方なら申し込みできます。パート・アルバイト、アルバイトをしている学生の方、またはパートナーに安定した収入があるなら専業主婦も申し込めます。過去6か月以内に複数回の申し込みはできません。申し込み方法はインターネットのみで、24時間受け付けています。新規お申込みフォームに本人情報と勤務先情報を入力し送信すると、受付メールが配信されます。審査結果で可決されれば勤務先に在籍確認の電話があります。電話で契約内容の確認の後、郵送か専用アプリからアップロードして本人確認書類を提出します。限度額300万円以上を希望される方や個人事業主の方などは求めに応じて収入証明書も必要です。手続きが完了するとローンカードが発行されます。

楽天銀行カードローンは低金利の銀行融資サービスです

インターネット銀行として運営をが行われていることで知られている金融機関に、楽天銀行があります。楽天銀行から融資を受けるときに利用できるサービスとして、楽天銀行カードローンがあり、銀行らしく低金利の融資を実現しています。楽天銀行カードローンの金利は、4.9%~14.5%ですので、メガバンクが行っているサービスに引けを取りません。消費者金融のカードローンの金利が上限18%であることと比較すると、かなり安い金利で融資を受けることが可能です。主婦などでも融資を受けられるカードローンで、借り入れ金額が300万円以下であれば収入証明書の提出は必要とされていません。ネット銀行のサービスらしく、借り入れまでの全ての手続きはネット上で完結させることが可能で、振込み先の金融機関を指定することで入金してもらうことができます。

楽天銀行カードローンでの契約書類について

楽天銀行カードローンの契約書類は、一つ目はインターネットの場合は不要ですが楽天銀行ローン申込書兼保証依頼書、二つ目は本人確認の為のいずれかの写しが必要です。例えば運転免許書の写し(裏面に変更情報が記載されている場合は表面と裏面が必要。)または健康保険書の写し(氏名、生年月日、申し込んだ住所が記載されている面が必要)、パスポートの写し(日本国内で発行されたもので顔写真と所持人記入欄)。三つ目は、300万円以下の場合は不要ですが300万円以上の場合は収入証明書の写しが必要です。勤めている方は源泉徴収票、給与明細書、課税証明書のいずれかの写し。自営の方は課税証明書、確定申告書のいずれの写しが必要です。これらの必要書類は、証明書類送付アプリで送信可能です。

楽天銀行カードローン:公式HPへ


 

 

 


このページの先頭へ